MENU

  • 患者に役立つ研究とその支援を行い、医学・医療の進歩に寄与する患者に役立つ研究とその支援を行い、医学・医療の進歩に寄与する
  • 日本のがん研究を牽引してきた歴史と伝統日本のがん研究を牽引してきた歴史と伝統
  • 「がんとの共存を目指す」最先端の医学研究「がんとの共存を目指す」最先端の医学研究

研究部

  • 腫瘍ゲノム
  • 分子代謝制御
  • 腫瘍細胞
  • “ペプチドミクス”
  • フェノーム

TOPICS-トピックス-

メンバーを更新しました

(2019.11.1)

採用情報【研究員の募集】

ペプチドミクス研究部では研究員の募集を行っています。 詳細については、こちらをご覧下さい。(2019.10.23)

採用情報【研究部長(PI)の募集】

当研究所では研究部長(PI)の募集を行っています。 詳細については、こちらをご覧下さい。(2019.10.23)

腫瘍細胞研究部の山口部長と東京薬科大学のグループの共同研究に関する論文がJournal of Cell Biology誌に掲載されました

がん細胞の浸潤を制御する新たな分子メカニズムを明らかにしました。本研究は、東京薬科大学の井上弘樹先生のグループが中心となり行われたものです。(2019.10.8)

採用情報【研究員の募集】

腫瘍細胞研究部では研究員の募集を行っています。 詳細については、こちらをご覧下さい。(2019.8.22)

英語版ウェブサイトを公開しました

(2019.7.22)

腫瘍細胞研究部の宮崎研究員の研究が 2019年度理科研生命科学研究助成に採択されました

研究課題名:「RGB マーキング法を用いた腫瘍内薬剤耐性細胞の可視化に関する研究~腫瘍内の「どこで」薬剤耐性細胞は出現しているのか?~」(2019.7.3)

腫瘍細胞研究部の宮本研究員が大腸がん予防に関する論文をScientific Reports誌に発表しました

新しいスクリーニングシステムを用いて、細胞内のコレステロール輸送が大腸がん予防の標的となりうることを発見しました。本研究は国立がん研究センターとの共同研究として行われました。(2019.4.17)

「研究所について」ページの「組織・メンバー」と「研究設備」を更新しました

(2019.4.15)

ペプチドミクス研究部、業績のページを更新しました

(2019.3.20)

佐々木隆興・吉田富三がん研究募金