MENU

ペプチドミクス研究部 Department of Peptidomics

メンバー

水平方向にスクロールできます。

部長(PI) 佐々木 一樹 Kazuki Sasaki メールアドレス k-sasaki
研究員
研究助手
共同研究員

※メールアドレスには@po.kyoundo.jpをつけて下さい

研究内容

ペプチドミクスは、細胞や組織に見出される分子量1万未満のペプチドを包括的に調べる研究分野です。この領域は電気泳動で調べにくい大きさで、質量分析法の発達にも関わらず、細胞間の調節因子として働くペプチドホルモンや抗菌ペプチド以外は、その実態がよくわかっていませんでした。当研究部では、この領域を調べることによって、分泌タンパク質や膜タンパク質のプロセシング部位を明らかにできることを提唱しています。タンパク質のプロセシングとは、特定の酵素が働いてタンパク質を切断することですが、分解的な切断とは異なる意味をもっています。プロセシングによって、生理活性を持つ分子がタンパク質の内側から生じたり、リガンドを捕捉する可溶型受容体が生じます。プロセシングの場所は、配列だけではなく、糖鎖などの修飾によっても影響を受けるので、in silicoでの予測はおのずと限界があり、実際の配列を調べることで初めて明らかになります。特定できたプロセシング部位は、診断や治療の新しいターゲットを見出すための有用な情報となります。実際に、これまでに新しいヒトの生理活性ペプチドを複数見出し、新規ペプチドの探索に質量分析を応用した世界初の事例となっています。浸潤性膵管癌で発現する分泌タンパク質と膜タンパク質の切断部位の特定を進めて、この難治がんの診断や治療に役立つ手がかりを見出す研究を進めています。

研究業績(過去5年間)

  1. Sasaki K, Tsuchiya T, and Osaki T: Isolation of Endogenous Peptides from Cultured Cell Conditioned Media for Mass Spectrometry. Methods Mol. Biol. 1719: 51-58 (2018)
  2. Tsuchiya T, Iwakura H, Minamino N, Kangawa K, and Sasaki K: Endogenous peptide profile for elucidating biosynthetic processing of the ghrelin precursor. Biochem. Biophys. Res. Commun. 490: 1142-1146 (2017)
  3. Namkoong C, Toshinai K, Waise Z, Sakoda H, Sasaki K, Ueta Y, Kim MS, Minamino N, and Nakazato M: NERP-2 regulates gastric acid secretion and gastric emptying via the orexin pathway. Biochem. Biophys. Res. Commun. 485: 409-413 (2017)
  4. Choi SG, Wang Q, Jia J, Chikina M, Pincas H, Dolios G, Sasaki K, Wang R, Minamino N, Salton SRJ, and Sealfon SC: Characterization of gonadotrope secretoproteome identifies neurosecretory protein VGF-derived peptide suppression of follicle-stimulating hormone gene expression. J. Biol. Chem. 291: 21322-21334 (2016)
  5. Tsuchiya T, Osaki T, Minamino N, and Sasaki K: Peptidomics for studying limited proteolysis. J. Proteome Res. 14: 4921-4931 (2015)
  6. Marie Rhee JW, Park JH, Yamaguchi H, Sasaki K, Minamino N, Nakazato M, Song DK, and Yoon KH: Chronic effects of neuroendocrine regulatory peptide (NERP-1 and -2) on insulin secretion and gene expression in pancreatic β-cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 457: 148-53 (2015)
  7. Toshinai K, Saito T, Yamaguchi H, Sasaki K, Tsuchimochi W, Minamino N, Ueta Y, and Nakazato M: Neuroendocrine regulatory peptide-1 and -2 (NERPs) inhibit the excitability of magnocellular neurosecretory cells in the hypothalamus. Brain Res. 1563: 52-60 (2014)
  8. Nonaka M, Kim R, Fukushima H, Sasaki K, Suzuki K, Okamura M, Ishii Y, Kawashima T, Kamijo S, Takemoto-Kimura S, Okuno H, Kida S, and Bito H: Region-Specific Activation of CRTC1-CREB signaling mediates long-term fear memory. Neuron 84: 92-106 (2014)
  9. Tomiyama A, Uekita T, Kamata R, Sasaki K, Takita J, Ohira M, Nakagawara A, Kitanaka C, Mori K, Yamaguchi H, and Sakai R: Flotillin-1 regulates oncogenic signaling in neuroblastoma cells by regulating ALK membrane association. Cancer Res. 74: 3790-3801 (2014)